住宅に関する省エネルギー基準に準拠したプログラム

2021年4月から運用が始まるプログラムと簡易計算シートをお試しいただけます

注意事項

  • このページの計算プログラムおよび簡易計算シートは、試行版です。
  • 本試行版による計算結果は、公的な届出や補助金の申請には使用できません。
  • 本試行版は開発中のため、予告なく変更することがあります。
  • 本試行版に関するサポート等は行なっておりません。

令和1年11月16日に
新しい地域区分が
施行されました。

住宅版

計算プログラムを使う

エネルギー消費性能計算プログラム

住宅版

  • エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)には、簡易入力画面と詳細入力画面の二つの入力画面があります。
  • 簡易入力画面と詳細入力画面は、入力できる項目が異なりますが、プログラムは同じです。どちらの入力画面を使用しても設定条件が同じであれば、同じ計算結果が得られます。
  • 入力画面は、「エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)」からプログラムに移動した後に選択できます。
    • 簡易入力画面:少ない入力項目で手軽に計算することができます。
    • 詳細入力画面:より詳細に条件を設定して計算することができます。


簡易入力画面 と 詳細入力画面 の違い

詳細入力画面では以下の入力を行うことができます。

簡易入力画面では扱いのない要素技術

  • 通風の利用
  • 蓄熱の利用
  • 床下空間を経由して外気を導入する換気方式の利用
  • 熱交換型換気設備
  • 太陽光発電設備
  • 液体集熱式太陽熱利用設備
  • 空気集熱式太陽熱利用設備
  • コージェネレーション設備

各種設備機器の詳細な仕様

  • 機器のエネルギー消費性能
    • エネルギー消費効率、定格能力・定格消費電力 など
  • 各種省エネルギー手法・対策
    • 暖房配管・配管経路の断熱(温水式の場合)など
    • 暖房/冷房VAV方式(住戸全体を暖房/冷房する場合) など
    • 換気直流モーター(ダクト式の場合) など
    • 給湯節湯水栓、浴槽の保温措置 など
    • 照明多灯分散照明方式、調光 など

入力補助ツール・補足資料

基本情報

地域の区分・年間の日射地域区分・暖房期の日射地域区分
新区分(R01.11.16施行)

旧区分(R03.03.31まで)